TOP > 神社を検索

嘉母神社

神社名
嘉母神社
ふりがな
かもじんじゃ
宮司名
石川 雅司郎
電話番号
0897-55-3678
神社主な祭礼
10月の第二月曜日(体育の日)の前日 例祭
神社主祭神
倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
神社境内社
厳島神社
箱根神社
祖霊舎
龍神社(飛地境内社)
荒神社(飛地境内社)
神社由緒
1778年(安永7年)群奉行・竹内立左衛門が西條六代藩主・松平頼謙公の命を受け、加茂川・中山川下流の三角州を利用して新田を開拓するに際し、加茂川下流の州上(現在の嘉母神社本殿の所)に藩内六社(村山・黒島・一宮・伊曽乃・石岡・周敷の六神社)の神主を招じて小祠を建て天神地祇を勧請し、新開地(禎瑞新田)の完成を祈願した。1782年(天明2年)の新田完成と共に、この小祠に現在神を合祀して産土大神とした。歴代藩主の崇敬篤く、1931年(昭和6年)新開地を住民に移管するまで、境内地も松平家の名義で、社殿の改築・維持経営にまで同家の関与するところがあった。1958年(昭和33年)開拓180年記念祭に際し、境内神社(早苗神社)に奉斎の竹内立左衛門命を配神として合祀した。
神社鎮座地
西条市禎瑞643