株式会社エリオス

SERVICE サービス

世界を変える起業家と組織とともに変容のプロセスを歩む
ソーシャルベンチャーカタリスト(触媒)として

ソーシャルイノベーション実現のための各種支援

組織の存在目的を軸とした
経営コンサルティング

経営メンバーの一員として、事業戦略の策定から実行に関わります。
エリオスでは特に、起業家や経営チームが大切にする未来や価値観を反映した「組織の存在目的」を重視しています。経営チームとともに組織の存在目的である「ミッション」「ビジョン」「バリュー」の策定や探求に関わるほか、進化する存在目的としてその変容に関わり続け、組織成長のためのストーリーと戦略を経営チームと共有します。この共有をできることがエリオスの強みであり、この共有によって、投資家や優秀な外部人材に対して貴社の魅力を経営の当事者としてアピールすることができます。

経営メンバーの
チームビルディング支援

経営チームのチームビルディングは、優秀なビジネスリーダーを採用して終わりではありません。経営チーム組成後、組織成長のために個々の経営メンバーに関わるほか、メンバー間の対立解消や組織内の紛争解決に関わります。さらにチーム力を高めるために、経営メンバーに対するエグゼクティブコーチングやシステムコーチング、マインドフルネス、デザイン思考やデザインマネジメントを取り入れた各種ワークショップ等の実施をし、経営チームの強化を支援します。

コレクティブインパクトと
ソーシャルインパクト支援

世の中が複雑化・多様化する中で、特定の社会課題を解決したり、社会により大きなインパクトを発揮したいと考えたりする場合、一つの企業や団体で取り組むのではなく、企業・NPO・行政・財団・市民などがセクターを越え、時には競合と思われていた組織間も協力をし、互いに強みやノウハウを持ち寄ってコレクティブに協働することによってソーシャルインパクトを高める、というアプローチが有効になります。
エリオスは企業成長のために、セクターを越えた様々なプレイヤーを巻き込み、コーディネートすることを支援し、ソーシャルインパクトを極大化するためのソーシャルインパクトコーディネーターとしての役割を担います。

資本政策
ファイナンスプラン策定

資本政策は単なる資金調達の計画ではありません。また、資本金額が小さい段階での新株発行を伴うエクイティファイナンスは、その影響が大きいだけでなくやり直しが聞かないため、とても慎重になる必要があります。特にエクイティファイナンスの資本政策は、株式を所有する創業者やオーナーの身の切り売りであり、本来は投資家・出資者が作成するものではなく、会社の事業戦略、成長戦略に沿ったものを会社が作成することが望ましいと考えます。
エリオスではIPO(株式上場)やM&A等の各種Exitへの考慮のみでなく、将来入社するであろう経営メンバーに対する考慮、会社の成長戦略に沿った人事制度、報酬制度、株主構成を考慮した、資本政策・ファイナンスプランを経営メンバーの一員として策定します。

ファイナンス支援

創業メンバーの一員として出資を行うことで事業にコミットメントするだけでなく、社外CFOとしてVCをはじめとした投資家・出資者との折衝を行い、会社の成長に必要な資金調達を支援します。
エリオスはファンドではなく、自己資金(プリンシパル)での資金提供を行うため、EXITの期限がなく、創業者・オーナーとエリオスの利害がダイレクトに一致します。またエリオスでは、お金には「出資者によって異なる色がある」と考えます。見かけは同じお金でも、出資者によって思惑、モチベーション、メリットが異なります。エリオスはこれら出資者の気持ちのポイントを押さえながら、企業の成長に最適な株主づくりを支援します。

経営メンバーの採用支援

人事責任者として採用戦略の策定と実行を行います。必要人材要件の明確化を行い、最適な採用媒体と人材紹介会社を選定。エリオスでは、複数人材紹介会社との折衝を行うほか、採用面接にも積極的に関わり、CEO・COO・CFO等CXOクラスや、経営幹部クラスの採用を支援します。
エリオスは人材紹介会社ではないため、企業側に立って必要人材を見極め、また時には優秀な人材に対して積極的に、貴社の事業戦略や成長性、魅力をアピールすることができます。またエリオスは、ビジネスリーダーのキャリアに対する考え方やモチベーションと、人材紹介会社のモチベーションを熟知しています。エリオスはこれらのポイントを押さえながら、貴社の成長に必要な人材採用を支援します。